WARPSPEED

¥85,000(税抜き)
Directional/MOUNTAIN V2 PROFILE/0.5 inches back/Flex 7.5

足の大きいライダーのためにリリースされたモデル。ノーズ部分がリバースキャンバーになっており、スタンス間からテールにかけてキャンバーがある。浮力もあり、あらゆるコンディションに対応する、フリーライドモデル。

Length Effective
Edge
Waist Nose/Tail Sidecut Max Stance
(CM/Inches)
157 New! 118.50 26.20 30.60 / 30.60 8.30 / 7.78 63.50 / 25.00
161 New! 121.70 26.40 30.80 / 30.80 8.46 / 7.93 67.50 / 26.60
165 New! 124.90 26.60 31.00 / 31.00 8.70 / 8.15 69.00 / 27.10
169 New! 128.10 26.80 31.20 / 31.20 8.93 / 8.37 69.00 / 27.10

RIDER TYPE:

WIDE FRAME MODEL FOR ADVANCED

FLEX:

CAMBER TYPE:

MOUNTAIN V2 PROFILE

板の中央部にキャンバー、そしてフラット形状のテールとリバースキャンバーのノーズがマウンテンV2プロファイルの大きな特徴。ハードな圧雪面で反発力と安定性を生み、同時にノーズ部分が強烈な浮力とランディングでのパワーをもたらします。これでディープなパウダーも怖いものなし。キャンバーをより長くデザインする事で、ワイドシリーズを乗りこなすビッグなライダー達に更なるパワーを与えるWarpspeedにふさわしい形状だ。

ADDITIVES

NEW! FORGED CARBON TIPS + PRE-CURED CARBON V-TECH + 8 X BAMBOO POWER RODS

TECH:

パンダコア™

軽量でオールラウンド、そして高い反発力にフォーカスしてPANDA CORE™は誕生した。思い通りのカミソリターンから、デッカいオーリーまで、このコアは全てのテレーンにおけるテクニカルなフリースタイルライディングを考えて設計された。P2スーパーライトコアにはめ込まれたバンブーパワーロッドが反発力を生み、軽量化を実現すると同時にどんなオールラウンドライダーにも耐えれる十分な強さのコアの出来上がり。

NEW! フォージド・カーボン

CAPiTAの兄弟分、UNION BINDING COMPANYの仲間達もパウダーが大好き。そんな彼らが誇る最新のフォージドカーボンテクノロジーを提供してくれました。チタンよりも軽くて強い、次世代のハイパフォーマンス素材であるフォージド・カーボンを今シーズンは2モデルに採用しました。SPRING BREAK POWDERにはフォージド・カーボンダイヤモンドパックをサーフライトコアのインサートエリアに、そして新しいワイドシリーズであるWARPSPEEDにはノーズ&テール部分に搭載。これにより振動をおさえ、パウダーをガンガン攻めれます。

プリキュアード・カーボン V−テクノロジー

このアーチ形状に形作られた30ミリ幅のカーボンストリップはリバースキャンバーシェイプと逆方向に敷き詰められています。この反対方向に作用するエネルギーにより、ボードがフレックスした瞬間何倍もの反発力が生まれます。ありきたりのカーボン構造とはちょっと違う。

ダイナウィーブ

船の製造技術を参考にしたレジン&ファイバーグラスの構造は、耐久性をそのままにコア材を薄くする事を可能にしました。レジンのパフォーマンスを上げ、コアの重量削減に狙いを定めた。つまりより軽量で、さらに高い反発力をもったボードが実現。加えてバイアクスル、トライアクスルのファイバーグラスによりさらに高いレスポンスと耐久性を与える。CAPiTAが世に送り出した様々なマテリアルのなかでも、このコンボはキミのライディングにピッタリなハズだ。

NEW! オメガマーク2・ハイスピードベース

超高分子量ポリエチレン粒子を圧縮させてブレンドしたのが新しいOMEGA™ SPEED BASEだ。多孔性のシンタードベースであるが故、さらに大量のワックスを吸収し長持ちさせる事が可能。もっと速くカッ飛びたい人へ。どれぐらい速くかって?そりゃもうチョーーーーーーーー速くさ!

ボードストーリー

オタクじゃない諸君、良く聞いてくれ。
ワープの原理はCの倍数とv=w3cの三次関数を計算したもの。説明しておくと、w=WARPファクター、v=VELOCITY(速度),そしてc=SPEED OF LIGHT (光りの速度)を現している。この計算方法により算出された数字はこうだ。”WARP 1”は光りの早さと同じ、”WARP 2”は光りの早さの8倍のスピード、そして”WARP 3”は光りの早さの27倍。そんな感じで考えてもらっていい。
ワープドライブ原理の推進力を生み出す主なコンポーネントは重量フィールド移転マニホールド、つまり世間で知られているところのワープコアである。このリアクターは物質/反物質反応枦から生み出されたエネルギーを貯め、スターシップのワープドライブを稼動させるのに必要なパワーを送り込むのだ。
一般人の言葉でいうと、このスノーボードは両足にミレニアムファルコン号がストラップインされたようなモンってこと。