PARADISEパラダイス

¥60,000(税抜き)
Twin/ FREERIDE PROFILE /Centered/women's/Flex 5

パークからフリーライディングまで1本ですべてをこなせるよう、トーションとフレックスを絶妙なバランスで設定したとても乗りやすいレディースモデル。スタンス間にはキャンバーがあり、その先からリバースキャンバーになっているのでターンやグランドトリックなどもやりやすく、しかもパウダーでの浮力もある。まさにこの1本ですべてのコンディションをライディングできる最高のボード。さらに足下にチタンプレートを搭載しているのでエッジグリップも良く、オーリーも高く飛べる。今期はファイバーグラスも新しくなり、ボードの耐久性がさらにアップした。

ユーザーボイスを見る»

ユーザーボイス

20代・女性 ボード歴~6年 シーズン滑走日数~10日

グラトリだけじゃなく、パークにも入りたいので、柔らかすぎる板ではスピードが出ると不安でした。この板は足の間がキャンバーだしその不安なところが解消されそうな気がします。
買いやすい値段も嬉しかったです。

10代・女性 ボード歴~3年 シーズン滑走日数~5日

友達が乗っていたことでキャピタを知り、インスタでも見て気になっていたので店員さんに相談してみました。張りがあるけど、扱いやすそうな形が気に入りました。なんでもできそうだし。でも正直なところジャケ買いです。笑

30代・女性 ボード歴~10年 シーズン滑走日数~20日

パウダーも滑りたくて最初はパウダー向けの板を探していましたが、専用板は値段が高いし、あまりにもかたよった板は嫌だったので、一本で何でもできるこのパラダイスを選びました。フリースタイル向けなのにパウダーも行けそうでとっても楽しみです。

Length Effective
Edge
Waist Nose/Tail Sidecut Max Stance
(CM/Inches)
143 106.60 23.30 27.41 / 27.41 7.20 56.00 / 22.00
145 108.20 23.50 27.67 / 27.67 7.30 58.40 / 23.00
147 109.80 23.70 27.94 / 27.94 7.40 58.40 / 23.00
149 111.40 23.90 28.20 / 28.20 7.50 60.90 / 24.00

RIDER TYPE:

THE FREERIDER LOOKING FOR A LIGHTWEIGHT AND VERSATILE ALL TERRAIN RIDE

FLEX:

CAMBER TYPE:

FREERIDE PROFILE

イイとこ取りの革命的なオールマウンテンシェイプ。様々なテレインにおいて安定したハイスピードを実現するインサート間のキャンバー形状、そして接地面からリフトアップされたコンタクトポイントがランディングとパウダーでの安定性を与えます。

ADDITIVES

NEW! 4 X 20 mm INLAID TITANAL STRUTS

TECH:

NEW! パワーシフト・RFC デュアルコア™

全く違う次元でのパフォーマンスを狙って産み出されたのがPOWERSHIFT RFC DUAL CORE™だ。軽量でコア材同士のつなぎ目を排除し、最も均等なフレックスが可能になった。ポプラとブナ、2つの異なった種類の木材を合わせる事でお互いのイイ所を組み合わせ軽量化にも成功。インサートとエッジサイドにブナを仕様する事によりカービング中のガッチリとしたエッジホールドが可能になり、さらにハイスピードでのバタツキを抑え、より多くのパワーをオーリーやランディングで発揮してくれる。

NEW! インレイド・タイタナル・ストラット

タイタナルは重量に対して優れた強度を持つ硬化アルミニウムです。コア材にラミネートするには最高の補強材である20mmの帯状のタイタナル・ストラットはノーズからテールまで一定のパワーを与えてくれます。

スペシャルブレンド ファイバーグラス
NEW! マジックビーン™レジン

新開発のホーリーシート™ファイバーグラスは高い抗張力と低い弾性率を併せ持つ全く新しい構造が特徴です。レイヤリングにはマジックビーン™レジンを採用。自分だけのライディングに合ったハイパフォーマンスなボードを手に入れる事が出来るでしょう。

エクストゥルーデッド

トリプルエクストゥルーデッドベースは、従来のエクストゥルーデッドベースの基礎を元にしながら、高圧と高温で抽出する事によりシンタードベースに近いパフォーマンスが実現したベースだ。これにより、ベース素材の耐久性と表面の強さが向上され、山でもレールでもガンガン攻めれるようになった。

ボードストーリー

ジェネレーションは消え、そしてまた現れる。
しかし、この地球は永遠に存在する。
太陽が昇り、沈んでいく。
そしてまた日のあたる場所をせきたてる。
風が南へと吹き抜ける。
そして北へと回り込んでくる。
風は繰り返し吹き抜け、また帰ってくる。
その全てのストリームは海原へと流れていく。
しかし、海は満ちていない。
流れていく先には、流れが再び生まれる。
この世の全ては退屈なものばかり。
人々はそれを言い表す事さえ出来ない。
目は見る事だけでは満足しない。
今までおきた事、それがこの先も起こる事。
そして、太陽の下ではまた同じ事の繰り返し。