SWAP
BASE

MERCURYマーキュリー

¥82,000(税抜き)
Directional/FREERIDE PROFILE/0.5 inches back/Flex 7

パウダーの浮力もしっかり得られてオーリーの反発も強い構造。ノーズ・テールには特殊な新素材をV字に設定したことによりバタつかず、高い操作性能を実現させた。どんなコンディションでも安定感のある滑りができるハイスピードなオールラウンドモデル。ソールにウルトラドライブベースというさらに滑走性能の高い素材を使用している為、滑走面の心配はいらない。

Length Effective
Edge
Waist Nose/Tail Sidecut Max Stance
(CM/Inches)
153 115.30 25.29 29.62 / 29.62 7.50 / 1.50 / 7.50 60.90 / 24.00
155 116.90 25.49 29.86 / 29.86 7.70 / 1.50 / 7.70 63.50 / 25.00
157 118.50 25.69 30.09 / 30.09 7.85 / 1.50 / 7.85 63.50 / 25.00
159 120.10 25.89 30.33 / 30.33 8.00 / 1.50 / 8.00 67.50 / 26.60
161 121.70 26.09 30.56 / 30.56 8.15 / 1.50 / 8.15 67.50 / 26.60

RIDER TYPE:

THIS GUY DOESN’T CHECK THE WEATHER REPORT HE JUST SHOWS UP AND RIPS

FLEX:

CAMBER TYPE:

ALL TERRAIN V1 PROFILE

イイとこ取りの革命的なオールマウンテンシェイプ。様々なテレインにおいて安定したハイスピードを実現するインサート間のキャンバー形状、そして接地面からリフトアップされたコンタクトポイントがランディングとパウダーでの安定性を与えます。

ADDITIVES

NEW! 4 X 25 mm AMPLITEX™ AMPLIFIERS + 8 X BAMBOO POWER RODS

TECH:

NEW!FSC認証済 パンダコア™

2018/19年、パンダコア™は新たにFSC®認証を受けてパワーアップしました。思い通りのカミソリターンから、デッカいオーリーまで、このコアは全てのテレーンにおけるテクニカルなフリースタイルライディングを考えて設計された。P2スーパーライトコアにはめ込まれたバンブーパワーロッドが反発力を生み、軽量化を実現すると同時にどんなオールラウンドライダーにも耐えれる十分な強さのコアの出来上がり。

NEW! アンプリテックス™V-テックアンプリファイアー

最新のカーボン加工技術を駆使して生み出された30mmのカーボンアーチ。ライディングの動きに対して最適なカーボン形状を分析した結果、予めシェイプされ、ラミネートされたカーボンファイバーが誕生し、CAPiTAの主力ボード達の新たな武器となった。

ホーリーシート™ ファイバーグラス
マジックビーン™レジン

ホーリーシート™ファイバーグラスは高い抗張力と低い弾性率を併せ持つ全く新しい構造が特徴です。同じ重さでも多くの繊維量を持つことで、軽さを犠牲にする事無くより強度があり、レスポンスの良いボードを作る事が可能です。コアのトップにはトライアクスル・ファイバーグラス、そしてボトムにはバイアクスル・ファイバーグラスを用い、強度と耐久性を併せ持った完璧なブレンドが持ち味。このレイヤリングにはマジックビーン™レジンを採用。自分だけのライディングに合ったハイパフォーマンスなボードを手に入れる事が出来るでしょう。

ウルトラドライブ™ベース

超高分子ポリエチレンを配合した今期新登場のウルトラベース™。ハイパードライブ™NC12と似た分子構造を持ち、カーボンを配合させていないこのベースは発色が良く、スピードも犠牲にしません。オメガ™スピードベースより速く、固く、そしてより多くのワックスを吸収します。

ボードストーリー

次元間を移動する冒険者達にとって、エリア51は多元宇宙論調査におけるベースキャンプとして馴染みの場所だ。“パラダイス・ランチ”とも呼ばれ、地球の歴史における新石器時代、次元間への入り口として造られた。当初、この建造物は地下80階の規模であり、その中には最新のエイリアン・スパから全長800kmのウルトラドライブ競技場など、あらゆる設備が完備されていた。

ことろが、1940年代後半、エリア51はある生命体に注目される様になる。そう、人類だ。パラダイス・ランチから放たれるエネルギー波に導かれ、人間達は秘密の入り口の真上に、エネルギー波の根源を研究する為の研究所を建設したのた。人間達に正体を暴かれることを嫌っていた地球外生命体達に取ってエリア51は居心地が悪くなり、次元間冒険者クラブのメンバー達は地球の反対側に新たな施設を造ることを検討し始めた。オーストリア、イタリア、そしてスロベニアの国境付近の山岳地帯に造られた新たな地下施設には、今までの設備に加え、地上にも新たな建物を設けたのだ。表向きは人間達の遊び道具として知られる“スノーボード”の製造工場であるこのマザーシップ,
そして隣接するムーンショットでは、常連の宇宙人達が自分たちの宇宙船を修理し、地球上の大気でテストする傍ら、アルプスの空気と共にバケーションを楽しんでいる。