SPRING BREAK POWDER

¥97,000(税抜き)
Directional/ SURF ROCKER PROFILE /Set back/Flex 6

コリースミスがハンドメイドで制作するSPRING BREAK SNOWBOARDが話題を呼んでいる。
彼のクリエイティブな感性でシェイプされるパウダーサーフボードだ。サーフボードのように厚みのあるシェイプ、サーフボードのように軽いサーフライトコア。そしてサーフロッカー形状。このSPRING BREAKでパーフェクトウェーブをゲットしてほしい。今期は159(DIAMOND TAIL), 165(POWDER WOLF) 167(NIGHT HAWK)の3モデルが新たなシェイプで追加された。

Length Effective
Edge
Waist Nose/Tail Sidecut Max Stance
(CM/Inches)
159 New! 91.00 28.20 35.00 / 25.90 6.5 63.90 / 25.10
161 121.47 27.20 33.60 / 29.50 6.6 63.90 / 25.10
165 New! 98.00 27.10 33.80 / 24.60 6.7 63.90 / 25.10
167 New! 96.10 29.20 35.00 / 29.68 6.8 63.90 / 25.10

RIDER TYPE:

SURF INSPIRED POWDER

FLEX:

CAMBER TYPE:

SURF ROCKER PROFILE

時代の最先端を行くモダンサーフボードのデザインを継承したノーズからテールまで流れるロッカー形状。インサート間はフラット、そしてノーズ&テールへとスムーズに伸びるアーチ。ユルめのアングルが最大限の浮力とコントロールを生み出します。

ADDITIVES

FORGED CARBON DIAMOND PACKS

TECH:

サーフライトコア™

メチャメチャ深いパウダーの上でも最強の浮力を生み出す為にSPRING BREAK専用に開発され、強度と軽さ、そして浮力を持ち合わせたサーフライトコア™。薄くて高密度なコアよりも、厚みがあるコアの方が当然浮力が高い。それはサーフボードのデザインから生まれたアイデア。そこからインスピレーションを受け、業界初であるブロック状のバルサをコア材に使用し、センターには強度のあるブナ材、そしてエッジサイドにはポプラ材を使用した画期的なコアが実現。さらに兄弟ブランドであるUNION BINDINGとパートナーシップを組み、インサートエリアにはフォージド・カーボンマテリアルを採用。超ハイテクでとにかく浮く最高のコアの誕生だ。

フォージド・カーボン

CAPiTAの兄弟分、UNION BINDING COMPANYの仲間達もパウダーが大好き。そんな彼らが誇る最新のフォージドカーボンテクノロジーを提供してくれました。チタンよりも軽くて強い、次世代のハイパフォーマンス素材であるフォージド・カーボンを今シーズンは2モデルに採用しました。SPRING BREAK POWDERにはフォージド・カーボンダイヤモンドパックをサーフライトコアのインサートエリアに、そして新しいワイドシリーズであるWARPSPEEDにはノーズ&テール部分に搭載。これにより振動をおさえ、パウダーをガンガン攻めれます。

ダイナウィーブ

船の製造技術を参考にしたレジン&ファイバーグラスの構造は、耐久性をそのままにコア材を薄くする事を可能にしました。レジンのパフォーマンスを上げ、コアの重量削減に狙いを定めた。つまりより軽量で、さらに高い反発力をもったボードが実現。加えてバイアクスル、トライアクスルのファイバーグラスによりさらに高いレスポンスと耐久性を与える。CAPiTAが世に送り出した様々なマテリアルのなかでも、このコンボはキミのライディングにピッタリなハズだ。

ワックスインフューズド・エンデューロベース

粒状の超高分子量ポリエチレン粒子を、高い温度と圧力を用いて作られたのがこのベース素材。超細か隙間がワックスをベース内にキープし、さらにそれが外側に向けて溶け出し、長時間の高速ライディングが可能となる。これによってさらにベースの乾燥を防ぎ、一日中ベースをフレッシュな状態に保つ事も出来る。しっかりとメンテナンスがされたシンタードベースは速く、耐久性があり、長年プロスノーボーダーの中で愛用されている。

ボードストーリー

アートでありながらも十分にライディングできるスノーボード。これはスタート当初から変わる事の無いSPRING BREAKのコンセプトだよ。何年経っても今と変わらないユニークさと美しさを持つスノーボード、そんな感じの板を作りだせたらいいね。理想としては、雪の上でもアートギャラリーの壁でも絵になるスノーボードであってほしい。今シーズンの新しいシェイプは全て、これまで俺がハンドシェイプしてきたボードを元にデザインされたんだ。グラフィックはクリーンでミニマル。新しいコンテンポラリーアートを取り入れるだけじゃなく、個性のあるシェイプを採用したんだ。それも意味のない曲線美や飾りすぎたグラフィックに惑わされないように。
この新しいコレクションがキミのお気に入りになるといいね。
コリー・スミス
“アートとはアイデアを形にする過程における「乗り物」である。再び形にすることでコンセプトはさらに強くなる。アイデアは繰り返し生まれるもの。アイデアはアートを理解する全ての者が持つ。つまり、だれもがモナリザを持っているという事。”
ソル・ルウィット