SWAP
BASE

SUPERNOVA

¥65,000(税抜き)
Directional/ TRADITIONAL PROFILE /0.5 inches back/Flex 8

素早いエッジ・トゥ・エッジの切り返しを可能にしながら、安定したライドフィールを実現するキャンバー仕様のフリースタイルモデル。一本で山頂から麓まで、すべてのコースとアイテムを制覇することができるようにデザインされているため、カービング、ハーフパイプ、キッカー、ジビングなど、さまざまなライディングスタイルで雪山全体を楽しめる。サイドウォールにケブラーが入っており強いエッジグリップを実現。今期はベースにENDURO BASEを使用し、さらに滑走性能がアップした。

Length Effective
Edge
Waist Nose/Tail Sidecut Max Stance
(CM/Inches)
153 New! 119.80 24.20 28.10 / 28.10 8.10 / 7.60 60.90 / 24.00
156 New! 122.10 24.50 29.00 / 29.00 8.30 / 7.80 60.90 / 24.00
159 New! 124.50 24.90 29.50 / 29.50 8.50 / 7.90 63.50 / 25.00
162 New! 126.80 25.40 30.10 / 30.10 8.60 / 8.10 67.50 / 26.60
157 W New! 122.65 25.80 30.30 / 30.30 8.30 / 7.80 60.90 / 24.00
160 W New! 124.55 26.00 30.50 / 30.50 8.50 / 7.90 67.50 / 26.60
163 W New! 126.85 26.40 30.90 / 30.90 8.90 / 8.40 67.50 / 26.60

RIDER TYPE:

HARD CHARGING RESORT

FLEX:

CAMBER TYPE:

TRADITIONAL PROFILE

その性能はお墨付き。ノーズ&テールにしっかりとパワーとレスポンスを伝える伝統的なトラディショナル・キャンバー。他とは比べ物にならないハイスピードでの性能と反発力がウリ。

ADDITIVES

NEW FORTRESS™ KEVLAR BOUND SIDEWALLS + 2 X 30 MM CARBON FIBER BEAMS

TECH:

デュアルスピーシーズ・セレクトRFCサスティナブルデュアルコア

己のライディングスキルを次ぎなるレベルへと導くライダーの為に、安定感と安心感を兼ね備えたコアがDS SELECT RFC SUSTAINABLE DUAL CORE™だ。 POWERSHIFT DUAL COREと同様にコアにはつなぎ目や節が無く、均一なフレックスを約束。軽量で反発力のあるポプラ材をベースに、インサート付近にはブナ材を使用し強度を持たせ、RFC認定をうけたサスティナブルな木材により安定感のあるパワフルなライディングが可能になった。

New! フォートレス・ケブラーバウンド・サイドウォール

DOAが4年連続でトランスワールドGOOD WOOD AWARD(ベストボードを決めるアワード)を受賞した事からも判るように、パフォーマンスとバリューが全く理にかなっていない。要するに、我々はただ製品開発部でボーッと座ってる訳じゃないって事。アワードがどうであれ関係無い。だから2016/17シーズンではより軽量なFORTLESS KEVLAR BOUND SIDEWALLSを開発しました。S字の形でトップシートからコアの下部へ包み込むように形成され、サイドウォールとコアをお互いケブラーで繋くという革命的なデザインを実現しました。

カーボンファイバービーム

その安定性、強度、軽さ、そして高温に対する強さで知られているカーボンは現在もっともポピュラーなハイパフォーマンス素材である。軽くて強い素材。それがスノーボードと混ざり合うと、軽さを武器に、より強力なパワーとレスポンスが生まれる。

スペシャルブレンド ファイバーグラス

独自に開発されたEVOレジンをベースにした環境に優しいSpecial Blend は、最小限のエネルギーと高度な技術によって産み出されました。さらにこの製造過程では人体に影響のある化学物質を全く含んでいないため、他のスノーボード工場と比べてもクリーンで健康的な労働環境が実現。パフォーマンスに関しても、2方向ファイバーグラスを強化する添加物によって一番イイコンディションとパフォーマンスを生み出してくれます。

NEW! ワックスインフューズド・エンデューロベース

粒状の超高分子量ポリエチレン粒子を、高い温度と圧力を用いて作られたのがこのベース素材。超細か隙間がワックスをベース内にキープし、さらにそれが外側に向けて溶け出し、長時間の高速ライディングが可能となる。これによってさらにベースの乾燥を防ぎ、一日中ベースをフレッシュな状態に保つ事も出来る。しっかりとメンテナンスがされたシンタードベースは速く、耐久性があり、長年プロスノーボーダーの中で愛用されている。

ボードストーリー

“なあ、長距離のパトロール担当ってダルくねぇか?”
“でもステーション・ワンに戻ってデッキの掃除に使われるよかいいだろ。”
“まあそうだけどさぁ、あそこのカフェ以外この宇宙空間には何も無いんだぜ?ってか、アイツら儲かってんのかな・・。”
“EIPドライブを使って4時間でここまで来れちゃうんだからな。あのPREEZY時代とは訳が違うんだな。”
“おい、ちょっとまてよ!だから”PREEZY“って呼ぶのやめろって。あのなあ、”Pre-Yeezy”が正しいんだよ。それか”Pre’Ye”って言えって。その”Ye”が入ってないと全然チンプンカンプンなんだって。全然難しい事じゃないだろ?“
“PREEZY時代って想像できるか?誰もがみんなメチャスローに動いててさ。自分の銀河系からでさえも抜け出せなかったんだからな。マジで、どうやってパーティーに行ってたんだろうな?”
“2020年がオレ達人類のターニングポイントだったな。そのオレが言う”Ye”が世の中に出てこなかったらシンギュラリティ(Xbox 360のゲーム)も無かっただろうし、それが無かったら誰もタイムワープの原理なんて思いつかなかっただろうしな。ってことはマーキュリープログラムでパイロットを犠牲にする事もなかった、ってことはEIPドライブも発明されなかった。EIPドライブが無いってことはバカげたパトロールも無かったってこと。そうなりゃオレ達は今頃プー太郎よ!まったく”Ye”のおかげだな!”
“それよりも、暇つぶしのオモチャ持ってきててよかったな。一体あとどれだけココに居りゃいいんだろうな?”
“おい!コンピューター!そりゃオレ達もお前と同じぐらいアーリーマンが好きだよ。ただあんまり音がデカすぎるとさ、音速イオンがいまいち調子わるくなって、システムに異常がではじめるんだ。ほら、前にお前がスラッシュメタルを大音量で流してた時、オートパイロットがバグってさ、いつの間にかオレ達はセクターQまで飛ばされてたんだぜ?おかげで50Mもあのスケッチーなエリアで使っちまった。もうあれだけはゴメンだぜ。だから頼むよ、ちょっと音を下げてくれないか?”
“ウルサイノハオマエダ”
“おいおい、言う事聞かないとオーバーライドしちゃうぞ?”
“イマニミテロヨ。ツギニコンピューターニナルノハオマエダカラナ!”
“あのさぁ、やっぱちょっとダサくないか?コンピューターモードにはいった途端に話し方がコンナフウニナルノハ。”
“オイ、オイ、オイ。チンケナスペースシップノオデマシダ。チョーダサイネ。パイロットノアタマガヨウチエンレベルデツイテイケナイ。ツイニアタマガオカシクナッタミタイダ。ゲンザイチハ12ジカン49フン/27.4ド。バイオスキャンデーターヲオクリマス。マザーシップ、オウトウネガイマス。”