SUPERNOVAスーパーノヴァ

¥79,000(税抜き)
Directional/ TRADITIONAL PROFILE /0.5 inches back/Flex 8

素早いエッジ・トゥ・エッジの切り返しを可能にしながら、安定したライドフィールを実現するキャンバー仕様のフリースタイルモデル。一本で山頂から麓まで、すべてのコースとアイテムを制覇することができるようにデザインされているため、カービング、ハーフパイプ、キッカー、ジビングなど、さまざまなライディングスタイルで雪山全体を楽しめる。サイドウォールにケブラーが入っており強いエッジグリップを実現。今期はコア素材にパンダコアという軽くて反発の強いウッドコアを使用している。また、ノーズ、テールにマトリックスカーボンという素材がVの字に配置されており、軽さを維持したままエッジグリップとオーリーパワーがアップしている。

Length Effective
Edge
Waist Nose/Tail Sidecut Max Stance
(CM/Inches)
153 117.80 24.20 28.69 / 28.69 8.10 / 7.60 60.90 / 24.00
156 120.00 24.50 29.04 / 29.04 8.30 / 7.80 60.90 / 24.00
159 122.30 24.90 29.52 / 29.52 8.50 / 7.90 63.50 / 25.00
162 124.60 25.40 30.11 / 30.11 8.60 / 8.10 67.50 / 26.60

RIDER TYPE:

THE SPEED DEMON THAT RIDES FAST AND CAREVS HARD

FLEX:

CAMBER TYPE:

TRADITIONAL PROFILE

その性能はお墨付き。ノーズ&テールにしっかりとパワーとレスポンスを伝える伝統的なトラディショナル・キャンバー。他とは比べ物にならないハイスピードでの性能と反発力がウリ。

ADDITIVES

NEW! 4 X 30 mm MATRIX™ CARBON V-TECH + 8 X BAMBOO POWER RODS + URETHANE TOPSHEET ANCHOR

TECH:

パンダコア™

軽量でオールラウンド、そして高い反発力にフォーカスしてPANDA CORE™は誕生した。思い通りのカミソリターンから、デッカいオーリーまで、このコアは全てのテレーンにおけるテクニカルなフリースタイルライディングを考えて設計された。P2スーパーライトコアにはめ込まれたバンブーパワーロッドが反発力を生み、軽量化を実現すると同時にどんなオールラウンドライダーにも耐えれる十分な強さのコアの出来上がり。

NEW! ウレタン・トップシートアンカー

ボード自体の強度を上げる為に、レイヤーは必要不可欠な構造である。ボードの外側にあるレイヤーがフレックスする瞬間、反対側のレイヤーには逆に圧力がかかる。その瞬間的なインパクトを軽減する為に、柔らかいレイヤーをショックアブソーバーの代わりに採用しました。薄いウレタン素材を固い素材の間に挟む事により、強いインパクトを受けた時にボードが破損するリスクを軽減してくれます。

Xアーク™エンジニアド・カーボン

コンピューター制御による新開発のシェイピングシステムにより生まれた幅30mmのアーチ形状のカーボンファイバー。カーボンファイバーの形状が如何にライディングスタイルを左右するのかを日々研究した成果である新素材は、今までのスタンダードをぶち破り、ポジティブなエネルギーだけを吹き込みます。

NEW! ホーリーシート™ ファイバーグラス
NEW!マジックビーン™レジン

新開発のホーリーシート™ファイバーグラスは高い抗張力と低い弾性率を併せ持つ全く新しい構造が特徴です。レイヤリングにはマジックビーン™レジンを採用。自分だけのライディングに合ったハイパフォーマンスなボードを手に入れる事が出来るでしょう。

New! ハイパードライブ™NC12ベース™

マザーシップだけの、特別な調合レシピ。疲れを惜しまない我々のエンジニア達は、世界でも最高峰のポリエチレンサプライヤーと共同でこのハイパードライブ™NC12を開発しました。超高分子ポリエチレンによる最低限の摩擦係数を誇るカスタム・カーボン構造のシンタードベース。これは“速い!”なんて一言じゃ言い表せない速さです。CAPiTAのお得意様はなんせスピードを出すのが大好き。2017年、我々は世界で一番最速のベース素材を生み出しました。

ボードストーリー

“いや、だからね。言いたいのはさ、俺がマザーシップの次元間実習生として入社した時、2週間もの間ひたすらレポートと書類をぶっ通しで書かされるなんて思っても見なかったんだよ。そりゃステーション1のデッキの雑巾がけを2,3ヶ月しなきゃならんのも解るよ。でも入社前のパンフレットには研究開発部門でハイパードライブスラッシャーをパウダーの上でテストしまくりながら、エイリアンのギャルとその仲間達とでヤバい時間を過ごすはずだったんだぜ。”

“おい、どうせ例の書類読まなかったんだろ?あれに「例外もあります」って書いてあったじゃん。お前のその不満ってやつがその例外なんだよ、きっと。”

“キミと同じパトロールのシフトが回ってくると、全然テンションあげれないんだよね。”


“俺達は多元的宇宙であるマルチバースを新品の宇宙船スーパーノバに乗って、ウルトラ光速スピードで飛び回れるんだぜ?レポートを書くぐらいどうって事は無いと思うけどな。”
“でもさ、マーキュリー・プログラムで2次覚醒されたパイロットに遭遇するなんて、オレ達じゃなくてもいいと思わないか?宇宙界のクソ野郎に合うようなもんだぜ?そんな事滅多に無いはずだよ。”

“ブッチャケ、ワタクシノケイサンニヨルトカノウセイハ25パーセントデアリマス。ワレワレノEIPドライブニフカノウハアリマセン。”

“へ?そりゃずいぶんと修辞学的な計算だな。”

“スベテハプログラムノトオリデス。”


“ボブ、黙れ!お前の細かい計算にいちいち付き合ってるヒマはないんだよ!
アンチ・ディスイリュージョン用のトラクタービームを起動させる為のレポートを書くなんて永遠かかるんだぜ?ボブ、しかもそのタイピングをするのはお前だからな!”